レコーディングのご紹介


レコーディングとはウィキペディア(Wikipedia)で検索致しますと【録音(ろくおん)または、音声のレコーディング (recording) は、音声を記録媒体に記録することである。一般的には、空気の疎密波を信号に変換して、電気的または光学的または物理的な構造物を媒体として記録する。引用】と説明されております。
私たちがレコーディング行うものは音声ですが音楽であるということを最重要に考えております。正確に記録する事は大切な事ですがそれ以上にその音楽が持つポテンシャルを最大限引き出す事が私たちの仕事と考えています。当スタジオではお客様の音源・ジャンルに合わせて適切な方法を提案させて頂きます。

 

レコーディングの流れ


初めて音源をスタジオで録られるお客様はレコーディングの流れなど不安になられる事もあるかと思います。
ジャンル/音源内容によって異なりますが基本的な録音の流れをご紹介致します。

事前準備:打合せ/ミーティング(無料)


まずは事前にエンジニアとミーティングをして頂きます。打合せはお電話、メールなどでも可能ですが、雰囲気などに慣れて頂きたいのでスタジオでの打合せをおオススメ致します。直接、お話をさせて頂く事でレコーディング本番でもよりスムーズにコミュニケーションを取りながら進行が行えると考えております。
打合せでは編成・曲数どんな音源にしたいかをヒヤリングさせて頂きます。お客様のご提案、エンジアの提案など事前に打ち合わせる事はレコーディングを進める上でとても大切な打合せとなります。

本番当日:セッティング/サウンドチェック


お客様がスタジオに入られましたらセッティングを開始いたします。お客様のサウンドに合うマイクの決定・マイクの位置の決定・ヘッドアンプなどの選定などリハーサルを進めると共に仮で音源を収録しお客様と確認をしながら最適なサウンドの方向を見つけていきます。セッティングを可能な限り仕上げる事で無駄な音声処理を減らしサウンド全体の鮮度を保つ事が出来ます。レコーディングではこのセッティングがとても重要になってきます。

録 音/レコーディング


レコーディング(recording) 本番の収録開始となります。プレイヤーの皆様が録音に集中出来る様にお手伝いさせて頂くと共に細かな問題も見逃さない様に細心の注意を払いながら録音を進めていきます。

多重録音/オーバーダビング


オーバーダビング(Over Dubbing)オーバーダブ(Over Dub)とは重ね録りの事です。ヴォーカルやコーラスを複数重ねたい他のパートを入れていきたいなどセッションによって異なりますがアレンジ・編成によってダビングを繰り返していきます。


 
レコーディングが終わりましたら次はミックスダウンとなります。

MIXING | ミックスダウン